兵庫県の通信制高校から大学に進学できました

普通の高校と違って自分のペースで勉強することができる

兵庫県の通信制高校から希望する大学に進学することができました普通の高校と違って自分のペースで勉強することができる国公立に狙いを定めて努力した

しかしながら、普通の高校と違って自分のペースで勉強することができるので、効率の良い勉強方法を考えながらこなすことで次第に上手く立ち回れるようになっていったのです。
自分の場合は3時から6時ごろが最も集中して勉強できるのですが、毎日学校がないので自分が勉強しやすい時間に合わせて生活サイクルを調整できた点も効率的に勉強できるようになった理由だと考えています。
学校に通いながら書店でアルバイトをしていたのですが営業で来店する出版社の方と関わる機会があり、そのうちに出版社で働きたいと思うようになっていました。
出版社の求人を調べてみると自分がやりたい仕事をするためには高卒という学歴では足りず、大学に進学する必要があることが分かったのです。
とても悩みましたが両親に話、奨学金を借りながらでも大学で学んで出版社で働きたいという話をしてみました。
すると、奨学金は借りてもらうことになりそうだけれど、進学に反対することなんて絶対にない、自分のやりたいことをやりなさいと言ってもらうことができたのです。
正直なところ、通信制高校から本当に大学進学が目指せるのだろうかという懸念がありました。
そういった成功例があることは知っていましたが、一般的な高校と違って毎日通って学習しているわけではないし、学力に大きな差がついているのではないだろうかと心配になっていたのです。
通学の際に担任の先生に相談したところ、早いうちから受験を意識して学習をすれば問題がないこと、学校選びや入試対策、模試や受験の情報提供などは先生に任せて良いことを教えてもらうことができました。
サポートもあって先生も大丈夫だと言ってくれるのであればと考え、そこからは受験を意識して勉強を進めるようにしたのです。